野菜と言うと、青臭いとか苦いというイメージがあり、どうしても子供の場合は苦手だという子も少なくありません。

 

 

 

また栄養をしっかりと摂取させなければといって無理矢理食べさせる様にすると、より一層苦手意識を持ってしまう事もあります。
子育てをしている場合、野菜嫌いを何とか克服しようとしてあれこれ試している母親は少なくありません。
ただ、料理の形にするとどうしても食べる事ができないと言う子供も少なくないので、できればもっと違う形でアプローチしてみるのも良いでしょう。
その一つがグリーンスムージーです。
これなら野菜の食感を感じる事無く必要な栄養素を摂取する事もできるので、もしかしたらここから野菜嫌いを克服する事も夢ではありません。

 

オススメの栄養満点グリーンスムージーのレシピはとても簡単です。

 

 

まず用意するのは小松菜です。

 

 

小松菜は栄養素が豊富なだけでなく、比較的癖が少ない野菜なので野菜が苦手だという人も食べやすい食材と言って良いでしょう。
まずはそれをメインに食材を用意して行きます。
腹持ちが良いという事を考えると、バナナやミルクを利用するのも一つの方法で、後は甘味をプラスすれば子供でも飲める栄養満点のグリーンスムージーが完成します。
グリーンスムージーを作る時は、まずはレシピの材料をそろえる所から始めます。
子供がどれだけ野菜が苦手かと言う事によって、用意する小松菜を増減しておきましょう。
また、バナナやミルクは多くする方が苦みを感じなくても済むので、野菜が苦手でなかなか食べる事ができないという人にもそれ程嫌がられる事はありません。

 

 

 

重要な事は、なぜ野菜が嫌なのか、それを明らかにする事です。
苦み、青臭さが苦手という場合は、まずはその点をカバーする食材を一緒に利用する事がポイントとなります。
また甘味に関しては1歳以上が飲む場合ははちみつを使っても良いのですが、テンサイトウやオリゴ糖などを利用して甘味を足しても健康には良いでしょう。
こうして甘味によって苦みをうまくごまかす事によって、グリーンスムージーの味がとてもまろやかになります。

 

世の中にはグリーンスムージーのレシピは沢山あるので、それらを見てい色々と調整するのも一つの方法です。
またどうしても苦みが苦手だという場合は、ミルクの一部をバニラアイスに代用してみるのも良い方法と言えます。
カロリーが気になる人はヨーグルトを入れても良いのですが、その場合は酸味が少ないタイプを選ぶ方が子供には飲んでもらいやすくなります。

 

また粉末スムージーでも代替できますのでお子様でも安心です!